巡り会うまで大阪の日々彼是眺めてます!

巡り会うまで大阪の日々彼是眺めてます!

大阪といえば食い倒れの街、そしてお笑いの街ですよね。そんな大阪で阪神ファンの飲んだくれ管理人が何気ない日常のことを何やら延々と彼是眺めながら書いています。酔っぱらいながらもあなたと出会い巡り会うまで頑張りますよ!

大阪のシンボル「通天閣」が還暦を迎えました

 

新世界にある大阪のシンボル「通天閣」が10月28日に開業60周年を迎えました。まさに還暦ということになりますね。

 

通天閣は先日に今回の60周年記念事業の一環として頂上部にある避雷針を5メートル伸ばして現在の高さは108メートルになります。

 

とはいえ、すく近くにある日本一高い高層ビルの「あべのハルカス」は高さが300メートルなので通天閣の約3倍ありますし、日本全国に通天閣より高い建物はそれこそ数えきれないぐらい存在します。

 

けど、やっぱり通天閣は大阪のシンボルなんですね。高さだけじゃないんですよ。あべのハルカスの展望台からはるか下に見下ろされても大阪のシンボルには変わりありません。

 

それに、通天閣は低いとはいえ、大阪城よりは高いですからね。大阪城が54.8メートルなので2倍近くになりますよ。

 

それにしても、あべのハルカス周辺から新世界にかけては年々イメージがよくなってきました。去年できた天王寺公園の「てんしば」なんかは子供連れでいっぱいです。

 

一昔前なら動物園はともかく天王寺公園なんてカラオケ屋台があったり浮浪者がたむろしていたり子供連れには近寄りがたい雰囲気がありました。

 

まぁ、ジャンジャン横丁あたりは将棋クラブがあったりして、まだまだ昔のディープな感じは残っていますが、通天閣の下から南側の道沿いは新しくオープンしたお店がイッパイです。

 

歩いてる人も昔ながらの酔っ払いおっさんは少なくなって若い観光客が一気に増えました。

 

とは言っても、ほとんどの観光客は日本人よりも中国人や韓国人、そして東南アジア各国の人ですけどね。欧米人はあまり見かけないです。

 

というわけで、昔からはイメージが変わりつつある新世界ですが、これからもディープな大阪を楽しめる街としてあり続けていて欲しいです。そして、通天閣は周りにいくら高いビルが建てられたとしても大阪のシンボルとして頑張って欲しいです。

 

ちなみに、動画に登場する通天閣観光の社長はスーパー玉出の社長と何となく雰囲気が近いように思うのは私だけでしょうかね。

大阪の浪速区の基準地価が急上昇しているようです

今年の7月1日時点の土地価格を示す基準地価が発表されました。

 

それによると、全国47都道府県中、商業地の上昇率は大阪府が昨年に続き2年連続で1位になりました。

 

ちなみに大阪府の中で一番高い商業地はJR大阪駅北側にあるグランフロント大阪南館あたりになり1平方メートルあたり1,320万円です。これは3年連続です。

 

なお、大阪24区の中で一番上昇しているのは浪速区です。何と14.3パーセントの急上昇のようです。

 

浪速区ですか~。まぁ何となく分かりますけどね。とにかくこの2~3年、浪速区に人が増えたのを実感します。

 

と言っても、日本人じゃありません。中国人・韓国人や東南アジア諸国の人々です。ようするに観光客の外国人です。

 

ちなみに、これらの人が増えたのは浪速区だけでなく中央区もなんですが、中央区はそもそも浪速区に比べて土地の値段が基本的に高いんですね。

 

今回の基準地価の上昇は、中央区に比べて値ごろ感がある浪速区の土地がホテル用地として需要が伸びたのが原因のようです。

 

それに、最近では浪速区もミナミから近いというだけでなく、新世界や日本橋の電気屋街などが外国人にとても人気ですからね。

 

最近よく車で寺田町の方から25号線で西へ向かって大国町の交差点を右折してミナミの方へ抜けるんですが、大国町駅近辺でスーツケースを引いて歩いている外国人をよく見かけるようになりました。

 

多分、今宮戎駅のガードをくぐったあたりから大国町にかけてと、そこから北に向かって難波にかけては民泊のマンションがかなりあるんでしょう。

 

あの辺りは賃貸マンションが多いですからね。それもミナミに近いわりに家賃が安いので民泊向きなんだと思います。

これが、同じミナミに近くても堀江とか新町などの西区だと家賃が割高になりますから収益率的には浪速区の方がいいように思います。

 

まぁとにかく、今は大阪の特にミナミ近辺の宿泊場所が圧倒的に不足してますからね。

 

それにしても、最近は心斎橋筋とか道頓堀とかを歩くと、ここは本当に日本なのかな?って思ってしまいます。

 

歩いている人の3~4割ぐらいは日本人じゃないような印象ですね。もしかしたらもっと多いかもしれないです。

 

さて、これからはこれらの訪日客はどうなるんでしょうかね。

 

中国人の爆買いのピークは過ぎて下り坂らしいですが、ビザの発給基準が今後締め付けられない無い限り、これからも訪日客自体は増えることはあれ減ることはないでしょう。

 

ただね~。キタはともかくミナミは昔のミナミじゃなくなりつつある感じもしますよ。あれだけ外国人だらけになるとちょっと違和感があります。

 

正直、欧米人はともかく中国人にはこれ以上あまりミナミに来てほしくないですね。とは言っても、ミナミのあのごちゃごちゃした雰囲気は中国人好みだから無理だろうな~。

大阪では無名の串カツ店が創業7年で上場しました

今から約7年前の2008年末に1号店を出店した「串カツ田中」が9月14日に東証マザーズに上場しました。

 

上場初日は公募価格3,900円に対し一時は5,000円を超え終値は1,070円高い4,970円となりました。

 

ですが、大阪人からすれば、

 

「串カツ田中?」

 

「えっ、何それ?」

 

「大阪に住んでるけどそんな店行ったことも無いし聞いたことも無い」

 

という人が多いと思います。

 

実際、私自身も今回のニュースで初めて知りました。

 

それもそのはずで、このお店は、ホームページを見ると、

 

串カツ田中

 

「大阪伝統の味」

 

「大阪市西成区より田中勇吉の味をお届けします。」

 

と書かれていますが、そもそも大阪府内に5店舗しかありません。

 

現在、全国に126店舗ありますが、ほとんどが首都圏で1号店は東京の世田谷区でした。

 

それに、大阪府の5店舗にしても堺市に2店舗と岸和田市に1店舗。大阪市内では中央区と西区に1店舗ずつです。

 

「大阪市西成区より田中勇吉の味をお届けします。」なんだそうですが、西成区には1店舗もありません。

 

「田中勇吉」って人も全く誰か知りませんし、何かほんとわけわからない串カツ店ですね。大阪では完全に無名と言っていいでしょう。

 

ちなみに、今回の上場のニュースで、串カツ田中の社長が、

 

「最近は模倣店みたいのがすごく出てきた」

 

「そんな店は串打ってパン粉つけて揚げただけ」

 

と言っていましたが、大阪人としては、

 

「模倣店が模倣店って言ったらあかんでしょ」

 

って感じで、つっこみどころ満載です

 

とにかく、いかにも大阪から来ました~というような「かたり」はやめてほしいです。まるで、丸亀市に店舗が無い丸亀製麺のようですね。

 

そもそも、大阪の人間は串カツってそんなによく食べるわけではないんですよ。

 

一般の大阪人にとって串カツは日頃食べるものでは無く、大阪に遊びに来た他県民を連れていくもんなんですよ。

 

これは、以前に秘密のケンミンshowでも「大阪府民はあまり串カツを食べない」と放映していました。

 

大阪府民は、他県民が思うほど、串カツを食べていない!?

 

私自身は大阪人としてはまだ串カツをよく食べる方だと思いますが、それでもせいぜい年に5~6回ぐらいです。

 

それも、「だるま」「やっこ」「八重勝」「てんぐ」等の有名店にはまず行きません。

 

何故なら、並ばないとあかんからです。串カツなんて言ってみればB級グルメなんで並んでまで食べたいと思いません。実際、並んでるのは観光客がほとんどで大阪人はあまりいないと思います。

 

だいたいは新世界の有名じゃない串カツ店で食べることが多いですね。

 

まぁどちらにしても、大阪人は「串カツ」よりも「たこ焼き」や「お好み焼き」の方がよく食べるでしょう。

 

というわけで、串カツ田中は上場しましたが、現在の126店舗を全国1,000店舗体制にしたいそうです。

 

う~ん。何て言いますかね。飲食店を急激に拡大すると絶対にひずみが起こると思いますよ。それも串カツ店なんかを。上場までした会社に素人が余計なお世話ですけど。

 

今は「大阪風」を売りにして串カツが物珍しい関東で流行っているんだとは思いますけど今後どうなるか見ものです。

 

まずはとにかく、

 

「大阪市西成区より田中勇吉の味をお届けします。」

 

って言ってるんだから西成区に出店して下さいね。話はそれからです。もし、西成で流行ったら見直します。

 

ちなみに、大阪の串カツで一番有名な「だるま」ですが、東京には出店していません。

 

そして、だるまは大阪のそこらじゅうで見かけるイメージですが、今ホームページで確認すると大阪府内では13店舗しかないんですね。もっといっぱいあると思っていましたが意外でした。

 

だるま

 

というわけで、今までは「店出しすぎやろ」と思っていた「だるま」よりも、さらにいっぱい店を出している「串カツ田中」の話でした。

あべのハルカスの来場者数が1億人に到達しました

日本で一番の高層ビルである「あべのハルカス」の来場者数が9月1日に1億人に到達したそうです。

 

2014年3月7日にオープンしてから2年6ヵ月の910日目になります。

 

ちなみに、この来場者数は「展望台」「美術館」「百貨店」「ホテル」「オフィス」など全てを合わせた人数になります。

 

1億人ですか~。スゴイ数だとは思いますがもう一つピントきません。ただ、この人数を1日平均にすると約11万人になりますのでやはりスゴイですね。

 

1日に11万人ということは甲子園の定員が47000人程なので毎日甲子園満員の2倍以上の人が訪れていることになります。

 

私自身は百貨店部分には何度も行きましたが展望台にはまだ行ったことがありません。開業当時と違って今は割と並ばずに行けるそうなので一度行ってみたいとは思います。

 

それにしても阿倍野界隈はここ数年で一気に変わりましたね。昔はアポロビルの裏の方とか明治屋とかでよく飲みましたが、その頃の風景とはがらりと変わりました。

 

明治屋は移転して新しくなった店には一度行きましたが、う~ん。ちょっと微妙かな~。何か居酒屋のテーマパークみたいです。

 

まぁとにかく、阿倍野はキタやミナミからするとローカル感がありますが大阪人にとって普段着姿でくつろげる居心地のよいスポットですね。

松井知事は太陽の塔が世界遺産になるよう目指すそうです

大阪府には世界遺産がありません。

 

大阪初の世界遺産登録はまだまだ先になりそうです

 

こちらにも書いたように近畿二府五県のうち唯一世界遺産がないんですね。

 

だからなのかは知りませんが、8月25日に大阪府の松井一郎知事が万博記念公園にある「太陽の塔」について、

 

「大阪のシンボルであり世界遺産に登録されるよう目指していきたい」

 

との考えを示しました。

 

いやぁ~。どうなんですかね~。

 

大阪に住むものとして「太陽の塔」は「通天閣」と並んで非常に愛着はありますし素晴らしい建物だとは思いますが世界遺産はちょっと違うような気がします。

 

もし実際に世界遺産に登録されるようなことがあれば、それはそれで当然嬉しいですけど、何か違和感があります。

 

そもそも、世界遺産と国民栄誉賞は乱発しすぎでしょう。この2つは「ここぞ」という時のものなので乱発するとありがたみや価値が無くなりますよ。

 

ただ、この太陽の塔は本当に素晴らしい超一級の芸術作品であることは間違いないので、老朽化や耐震化などの対策は万全にして欲しいです。

 

そして、松井知事は翌日の26日には経済産業大臣の世耕弘成さんと会談して2025年の万博を大阪に誘致するよう要望しました。

 

世耕さんは前向きな姿勢を示したそうです。

 

う~ん。これもね~。仮に大阪で開催されることがあれば、それはそれで嬉しいですけど、大阪は借金だらけですしね~。

 

それに、1970年の大阪万博の時は高度経済成長真っただ中で未来社会への新技術を目にできたので成功しましたが、今現在、未来社会へ希望が持てるような新技術ってありますか。

 

コンセプトやテーマはどのようにするつもりなんですかね。

 

中途半端に開催すると愛知万博のように、「そんなんあったかな」というような万博になりますよ。

 

私としては、そんなことよりも、

 

リニアの大阪延伸は奈良ルートに!終着駅は新大阪駅になるようです

 

にも書きましたが、大阪を首都のバックアップ機能と言いますか副首都にして欲しいです。

 

いつ、東京で首都直下型地震が起きるかもしれませんし、富士山が噴火するかもしれません。そして、それらの大災害はあと100年間無いかもしれませんが、明日あっても全く不思議じゃありません。

 

ですので、太陽の塔の世界遺産登録や万博誘致もいいですけど、優先度は副首都計画だと思いますけどね。

 

松井知事もこの太陽の塔の話をした同じ日に副首都化について意見交換会をしたようですがあまり熱心ではないようです。