2016年7月末現在、近畿2府4県にあるコンビニの店舗数は、

 

1位:セブンイレブン2433店

 

2位:ローソン2393店

 

3位:ファミリーマート2081店

 

となり、セブンイレブンが大阪で生まれたローソンを抜いて初めて1位になりました。

 

ちなみに、ローソンが初めて大阪の豊中市に第1号店をオープンしたのが1975年で、セブンイレブンが大阪に進出したのが1991年になります。

 

ですので、16年かけて追いつき追い越したことになりますね。

 

そもそも、ローソンって今は三菱系ですが最初はダイエーが親会社でしたからね。よくダイエーホークスの選手がコマーシャルに出演していたのを覚えています。

 

そのダイエーもイオングループになりましたし、今から2年後の2018年には「ダイエー」というあのオレンジ色の看板も完全に無くすそうです。

 

な~んか時代の流れを感じますね。

 

一昔前は大阪でコンビニといえば「ローソン」といった感じでしたが、あれよあれよという間にセブンイレブンが進出してきたように思います。

 

私の自宅の徒歩5分圏内にはローソンとセブンイレブンどちらもありますが個人的にはセブンイレブンが好きです。

 

まずはやはり、弁当は間違いなくセブンイレブンのほうが美味しいでしょう。と言いますか、ローソンの弁当はあまり食べたいとは思いません。

 

お惣菜やパスタ・パンなどもセブンイレブンの方が私の味覚では美味しいと思います。

 

そして、ATMで新生銀行の手数料が全時間無料なのもポイントが高いです。後はスルガ銀行のデビットVISAカードも日中の入出金が無料でできますし銀行系はセブンイレブンの方が優れていると思います。

 

そして、私がセブンイレブンで一番好きなのはトイレがキレイからです。私の生活圏において私の知る限り多分100パーセント洋式トイレでかつウォシュレット付きでしょう。

 

それに対し、ローソンでは未だに和式のトイレも見かけますしウォシュレット付きはあまり無いと思いますよ。

 

それに、セブンイレブンのトイレは入り口に「従業員に声をかけてください」という面倒な店舗があまりありません。

 

ただ、セブンイレブンにも直営店とフランチャイズ店では対応が異なるそうですし関西と関東でもかなり違うそうです。

 

関東ではそもそもコンビニでトイレすら貸してくれない店も多いそうですね。

 

ちなみに、セブンイレブンではウォシュレット付きのトイレに改装するのに本部が補助金まで出してくれたりするそうです。

 

というわけで、大阪在住の私としてはローソンにも頑張ってほしいですが、今のところはセブンイレブン派が続きそうです。