大阪府には世界遺産がありません。

 

大阪初の世界遺産登録はまだまだ先になりそうです

 

こちらにも書いたように近畿二府五県のうち唯一世界遺産がないんですね。

 

だからなのかは知りませんが、8月25日に大阪府の松井一郎知事が万博記念公園にある「太陽の塔」について、

 

「大阪のシンボルであり世界遺産に登録されるよう目指していきたい」

 

との考えを示しました。

 

いやぁ~。どうなんですかね~。

 

大阪に住むものとして「太陽の塔」は「通天閣」と並んで非常に愛着はありますし素晴らしい建物だとは思いますが世界遺産はちょっと違うような気がします。

 

もし実際に世界遺産に登録されるようなことがあれば、それはそれで当然嬉しいですけど、何か違和感があります。

 

そもそも、世界遺産と国民栄誉賞は乱発しすぎでしょう。この2つは「ここぞ」という時のものなので乱発するとありがたみや価値が無くなりますよ。

 

ただ、この太陽の塔は本当に素晴らしい超一級の芸術作品であることは間違いないので、老朽化や耐震化などの対策は万全にして欲しいです。

 

そして、松井知事は翌日の26日には経済産業大臣の世耕弘成さんと会談して2025年の万博を大阪に誘致するよう要望しました。

 

世耕さんは前向きな姿勢を示したそうです。

 

う~ん。これもね~。仮に大阪で開催されることがあれば、それはそれで嬉しいですけど、大阪は借金だらけですしね~。

 

それに、1970年の大阪万博の時は高度経済成長真っただ中で未来社会への新技術を目にできたので成功しましたが、今現在、未来社会へ希望が持てるような新技術ってありますか。

 

コンセプトやテーマはどのようにするつもりなんですかね。

 

中途半端に開催すると愛知万博のように、「そんなんあったかな」というような万博になりますよ。

 

私としては、そんなことよりも、

 

リニアの大阪延伸は奈良ルートに!終着駅は新大阪駅になるようです

 

にも書きましたが、大阪を首都のバックアップ機能と言いますか副首都にして欲しいです。

 

いつ、東京で首都直下型地震が起きるかもしれませんし、富士山が噴火するかもしれません。そして、それらの大災害はあと100年間無いかもしれませんが、明日あっても全く不思議じゃありません。

 

ですので、太陽の塔の世界遺産登録や万博誘致もいいですけど、優先度は副首都計画だと思いますけどね。

 

松井知事もこの太陽の塔の話をした同じ日に副首都化について意見交換会をしたようですがあまり熱心ではないようです。