新世界にある大阪のシンボル「通天閣」が10月28日に開業60周年を迎えました。まさに還暦ということになりますね。

 

通天閣は先日に今回の60周年記念事業の一環として頂上部にある避雷針を5メートル伸ばして現在の高さは108メートルになります。

 

とはいえ、すく近くにある日本一高い高層ビルの「あべのハルカス」は高さが300メートルなので通天閣の約3倍ありますし、日本全国に通天閣より高い建物はそれこそ数えきれないぐらい存在します。

 

けど、やっぱり通天閣は大阪のシンボルなんですね。高さだけじゃないんですよ。あべのハルカスの展望台からはるか下に見下ろされても大阪のシンボルには変わりありません。

 

それに、通天閣は低いとはいえ、大阪城よりは高いですからね。大阪城が54.8メートルなので2倍近くになりますよ。

 

それにしても、あべのハルカス周辺から新世界にかけては年々イメージがよくなってきました。去年できた天王寺公園の「てんしば」なんかは子供連れでいっぱいです。

 

一昔前なら動物園はともかく天王寺公園なんてカラオケ屋台があったり浮浪者がたむろしていたり子供連れには近寄りがたい雰囲気がありました。

 

まぁ、ジャンジャン横丁あたりは将棋クラブがあったりして、まだまだ昔のディープな感じは残っていますが、通天閣の下から南側の道沿いは新しくオープンしたお店がイッパイです。

 

歩いてる人も昔ながらの酔っ払いおっさんは少なくなって若い観光客が一気に増えました。

 

とは言っても、ほとんどの観光客は日本人よりも中国人や韓国人、そして東南アジア各国の人ですけどね。欧米人はあまり見かけないです。

 

というわけで、昔からはイメージが変わりつつある新世界ですが、これからもディープな大阪を楽しめる街としてあり続けていて欲しいです。そして、通天閣は周りにいくら高いビルが建てられたとしても大阪のシンボルとして頑張って欲しいです。

 

ちなみに、動画に登場する通天閣観光の社長はスーパー玉出の社長と何となく雰囲気が近いように思うのは私だけでしょうかね。